生活・趣味の事

「出来るか出来ないか」ではなく「やるかやらないか」で決まる人生

やるかやらないか

この記事の予想読了時間:約4分30秒

よく、人生や仕事を「成功」か「失敗」かの2択で語る場面に出くわす事があります。

もちろん、私自身も、「成功」という言葉を使いますし、このブログでも実際に書かせて頂いています。

現在私は会社を経営して10年になりますが、知人とかと話していると、「成功の秘訣は?」などと聞かれる事がありますが、今ひとつその言葉にピンときません。

理由は、仕事も出来れば死ぬまで続けたいですし、90歳まで生きると過程しても、まだ43年の人生が残っています。

まだまだ今の段階は通過点ですので、この時点で成功や失敗を語れるものではなく、また、全てはたくさんの成功と失敗の繰り返しだと思っています。

もし、今そういった事を語るとすれば、いかに「今」を最高のものにするか、という事だと思っています。

この「今」を常に最高のものにして生きていければ、おそらく俗に言う「成功」だと思うのです。

しかし、残念ながら多くの人達と話していると、「今」よりも「過去」や「未来」にこだわっている事が多く、とても勿体ないと思ってしまうのです。

「過去」も「未来」も、どう考えようとどうしようもないものです。

よく、過去の事を後悔しながら生きている人がいたり、恨んでいる人がいたりしますが、どうあがいても、戻ってはきません。

そして、常に未来を不安に思っている人もいますが、今より先の未来など、誰にもどうなるかわからないのです。

天災やお金や仕事の事を不安に思う気持ちもわかります。

でも、それを心配しながらの人生ほどつまらないものはないと思いませんか?

ある程度の備えだけしていれば、あとは「今」をどう生きるか考えるだけで良いと思っています。

そして、この「今」を最高のものにする為に何を考え、何をするか。

私なりに実際の経験などを踏まえて思う事や、今まで読んできた本から学んだ事を書かせて頂ければと思います。

誰もが思ってしまう「出来るか出来ないか」

出来る出来ない

誰でもそうだと思う事ですが、皆、好きな事や、やりたい事、興味がある事、楽しそうだと思う事ってあると思います。

でも実際、それをやれていない人が多いような気がします。

私も今まで色々な人と話していたり、また相談を受ける中で、「やってみたいんだけどなぁ」とか、「楽しそうだなぁ」という言葉を聞く事が多いです。

「なんでやらないの?」という質問をすれば必ず、「いやー、自分なんかに出来ないよ」とか、「今の仕事していると難しいよ」という言葉が返ってきます。

もちろん、私にも「出来ない事」はたくさんありますが、それはイコール「やりたくない事」であり、出来ないのではなく「やらない」という事です。

この「出来るか出来ないか」という事は、誰でも思ってしまう事かもしれませんが、何かある度にこういった事を考えて行動してしまうと、せっかくの楽しい事を逃してしまいますし、いつになっても自分の可能性を広げられないままです。

常に「今」を最高のものにする為には、こういった考えを無くしていく努力が必要かもしれません。

「やるかやらないか」が大切

大切

何か楽しそうだと思ったり、挑戦してみたいと思った時に必要なのは、「やるかやらないか」という事だけだと思います。

「出来る出来ない」、ではなく、「やる・やらない」という気持ち。

ここで「出来ない」という考えを持ってしまう理由を考えてみると、

経験がない
知識がない
お金がない
自信がない
時間がない

の5つの「ない」が妨げていると思います。

でも、この「ない」は全て、やりながら作っていける事なのです。

実際私も、今まで色々な事をやってきましたが、ほとんど「ない」という状況でした。

実際、私は今の会社を立ち上げる前、ホームページ制作に関する経験も知識もありませんでしたし、お金も自信もありあせんでした。無職になりましたので時間はありましたが。

でも、やりたい!と思って始めて10年経ちますが、経験、知識、お金、自信、時間を作る事ができています。

この場合、「起業」という特殊なものですが、そうでなくても関係ないと思っています。

実際に、この10年の間に、実際の事業とは違う映画の仕事を受けたり、楽曲制作したり、音楽レーベルを立ち上げ、アーティストを売り出したりしています。

やりたい、楽しそうと思う事をやり始めた時、「今」というものが見えてくると思います。

そして、それは必ず不安に思っている未来さえも変えていきます。

せっかくの人生、全部やったもの勝ちだと思って、「出来ない」ではなく、やりたい事をやるという気持ちを持って頂ければと思います。

気になる世間体

世間体

ここでもう一つ、「やろうと思っているけど、世間体が気になる」と思う人もいるかもしれません。

例えば、

●会社を辞めたら親や友人に何か言われそう
●「子供がいるのに」って言われそう
●時間やお金を使う事に反感を買いそう
●やりたい事自体世間体良くない事

など、周りの目が気になる事もあるかと思います。

私自身、そういった世間体が気にならないと言えば嘘になります。

でも、自分のやりたい事を誰かにとやかく言われる筋合いなどなく、また、そういった事を経験する事で殻が破れ、より自分らしく生きれるようになります。

そうなれば、何も気にならなくなります。

最近私は「六本木ヒルズクラブ」の会員になり、日中はそこで仕事をする事が多く、現に今もここでこの記事を書いています。

でも、会員になる為には、決して安いとは言えない会費を払う必要がある為、実際に「贅沢」だという声もありましたし、妬まれる事もあります。

でも、そういった事を思う事って、凄く凄く悲しい事だと思います。

まず、誰が何にお金を使うかなど、自由の中の自由だと思っていますし、他人には全く関係のない事。

もちろん盗んだお金でもなければ、落ちていたお金でもありません。

私は、「モノ」に興味が全くないので、腕時計もしていませんし、服も5着ほど、靴は2足しか持っていません。

欲しいものがそこではないからです。

私が今欲しいのは、自分がリラックスして心地よい最高の環境で仕事したり、読書したり考え事をできる時間と空間です。

あと、普段出会う事の出来ないような人との出会いや、食べた事ないような食事も楽しめる事ができます。

ですので、ちょっと頑張ってでも会員になる事に意味を持っており、それが自分の「今」にとって凄く需要だと思っています。

これも、「出来るできない」ではなく、「やるかやらないか」で考えました。

人が何をするか、何にお金を使うかは自由ですし、誰に決められる事でもないのです。

ですので、そういった事も気にならないほど楽しめる「鈍感力」は必要ですし、思い切った事に挑戦して始めて得られる「殻を破った自分」を経験して欲しいと思います。

「やってみる」という行動が最高の人生に

最高の人生

「今」というものをいかに楽しく過ごすかが、人生を最高にする為の鍵になるのですが、この「今を楽しむ」という事を難しく考えてしまうかもしれません。

日々を生きていると色々な事が起きますし、楽しく過ごす事などできないと思うかもしれません。

でも、そんな難しく考える必要は一切なく、すごく小さい事の選択から楽しむ事ができます。

例えば、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、何を考えるかなど、日々必ず訪れる選択があると思いますが、何がワクワクするか心地よいかで選ぶって凄く大事な事なのです。

常に自分が心地よい、ワクワクする気持ちにする事がとても重要で、それを意識しながら生活していると、どんどん楽しい日々になっていくと思っています。

そして、やりたい事があったらやってみるという行動。

誰にも遠慮せずに、とにかくやってみる事によって人生は大きく変わると思います。

私も実際、短編ドラマを2回ほど作った事がりますが、全く経験などなく、ただ面白そうという事で脚本を作り、撮影し、編集しました。

やっている時はもの凄く楽しかったですし、それを見てくれた人達が喜んでくれたので、充実感もあり幸せな気持ちになりました。

また、このブログにも載せていますが、小説も書いてみました。

もちろん小説など書いた事なかったのですが、書きたいという気持ちだけで書き、3ヶ月ほどかかりましたが毎日がとても楽しかったです。

出来ない、やった事がない事をやってみるって、とにかく凄く楽しいんです。

今現在も、こうやってブログを書きながらでも、次は何をしようかなと考えていますし、それを考える事自体楽しいのです。

もちろん、時間やお金が限られる事もありますが、実際にそれも全部自分で作れる事だと、それに気づけたら最高ですね。

とにかく、最高の人生にするには、「今」を楽しむ、今を楽しむには「やってみる」という行動、その行動は決して誰にも邪魔されるものでないという事。

それが出来るならおそらく「全て成功」という事だと思っています。

TOMOYA

管理人・ライター / TOMOYA
47歳男性。
web制作、webマーケティング、また音楽関連の会社を都内で9年経営。大手企業でのサラリーマンから、ミュージシャンを目指した極貧生活、20を超える業種のアルバイトや正社員を経て起業。私生活では4回の結婚を経験するなどジェットコースターのような人生を生きる。