生活・趣味の事

「風の時代」をどう生きるか?「個」をいかに表現するかが大きな鍵

風の時代

この記事の予想購読時間:約6分

少しスピリチュアルな話し(占星術)をさせて頂くと、2020年12月22日に「グレート・コンジャクション」という現象が起こり、200年以上続いた「地の時代」というものが終わり、「風の時代」へと入るそうです。

この「グレート・コンジャクション」という現象は、木星と土星が大接近する現象で、これだけに関しては20年に一度の現象らしいのですが、今回は「風の星座」と言われる双子座、てんびん座、水瓶座で起こるという事で、今後200年は「風の時代」と言われているようです。

では、地の星座、風の星座にはどのような意味があるのでしょうか?

地の星座には、「物質・お金」といった象徴があり、これまでの200年人類は物質やお金を中心に生きてきたという事です。

一方風の星座は、「情報・コミュニケーション・自由・個性」といった象徴があるようです。

私は2019年以前にこの事を知っていましたが、どこか半信半疑でした。

200年以上続いた時代が終わると言われても、何かピンと来ないような、そんな感じで受け止めておりました。

しかし、この「地の時代」最後と言われるこの2020年、何が起こったでしょうか?

もちろん、皆さんご存知の通り、世界中を大きく変えてしまったコロナウイルスの出現がありました。

一つの時代が大きく変わろうとしている、それを物語るような大激震が世界中で起こりましたね。

そして、日本ではこのタイミングでの新しい総理大臣が誕生し、アメリカでは新しい大統領が誕生しようとしています。

こういった事実を目の当たりにすると、やはり時代が大きく変わろうとしている事は間違いなく、今までの価値観では生きていけない時代になる、そん事を考えざるを得ません。

では、今後始まる「風の時代」をどう生きれば良いのか?

私が思う「生き方」について書かせて頂ければと思います。

物質やお金の価値の中で生きてきた背景

お金

これまでの200年、いわゆる「地の時代」ですが、物質やお金に価値を重んじた時代だったという事になりますが、今までの歴史を見ても、やはりその通りだと思わざるを得ません。

各地で戦争が起き、資本主義社会中心の世界になり、各国、経済でも大きく成長してきました。

日本も「バブル時代」があり、その後失わた20年などと言われてますが、この20年の間にも経済は成長し、2010年には経済黒字が15兆円に達し、1989年の3倍になっているという事実があります。

私自身、これまで生きてきた中での実感も、やはり経済中心だったように思いますし、会社経営を10年続けて参りましたが、私自身その渦の中で生きてきました。

私は、こういった経済中心の世の中を決して俯瞰して見てはおらず、物質やお金で豊かになる事は良い面もたくさんありました。

しかし現在、経済格差という言葉が出回ったり、働き方改革という新しい概念が生まれようとしています。

物質やお金はもちろん大事ですが、それだけで幸せになる事ができるかと言われればそうではなく、今、そういった物質やお金中心の世の中が少しずつ変化してきているという訳です。

人々が思う「幸せ」の価値が、この地の時代の終わりと共に確実に変わっているのです。

「風の時代」での新しい生き方

生き方

そして、いよいよ風の時代の始まりですが、今までのような物質やお金といった経済中心からガラッと変わり、全く違う価値観が生まれてきます。

冒頭でも書かせて頂いた通り、「情報・コミュニケーション・自由・個性」というものに価値を重んじた時代になるという事で、人間の幸せの定義が大きく変わります。

では、この「情報・コミュニケーション・自由・個性」という価値観の中でどういった生き方をすべきなのでしょうか?

私はこれを全て踏まえた上で、それぞれの「個」が非常に大事になってくると思っています。

今までは社会の集団の中の一員として存在していた「自分」」でしたが、これからは「個」として生きていく。

それは決して「孤独」という事ではなく、個を大事にした上での情報発信をし、コミュニケーションを取り、自由を手に入れるという事です。

このコロナ禍で、仕事の仕方も大きく変化してきました。

自粛や在宅勤務が増え、自分の生き方、仕事の仕方を考え直した方多いのではないでしょうか?

実際私も、5月の自粛中に会社を完全テレワークにしましたし、私自身このブログを始めました。

では、今後「個」として、具体的にどういった生き方をしていけば良いのか?

自分の価値を知る

まず、自分の価値を知る事が重要だと思います。

こんな話を色々な人と話していると、ほとんどの人が「いやー自分には価値なんてないですよ」と言います。

果たしてそうなのか?

私が思うに、価値がない人間などこの世に存在するはずがなく、この世に生まれて、世界中の誰とも違う人生を歩んできた事が事実としてあり、その人特有の価値観、知識、経験、技術、思考があります。

それは確実にその人の価値であり、他人からするとそれは大きな魅力なのです。

その自分の「価値」というものに気づく事から始めないと、これからの時代うまく生きて行く事ができません。

価値を付けるのではなく、気づく事です。

もしどうしても気づけない方がいればご一報下さい。
友達になってくれれば、いくらでもその価値を教えてあげます。

あなたの「個」を発信する

自分の価値に気づく事ができれば、自分自身から何かを発信する事です。

発信というとすごく難しく感じますが、今の時代SNSを多くの方がやられている通り、インターネットでの発信が非常に安易なものになっています。

SNSだけでも、TwitterやInstagram、Facebookなどその用途に合わせて様々なプラットフォームがありますし、ブログも無料で始める事ができます。

また、YouTubeなどで動画を発信する事もできますし、無料でインターネットラジオを利用し、音声を発信する事ができるのです。

この発信は、あなたの知識や経験、体験などを発信して、「誰かに何かを教えてあげる」という感覚ですると良いと思います。

例えば、昨日、保険会社でフィナンシャルプランナーをしている友人と話していたのですが、その業界でやってきたからこそのお金の知識や保険の知識、普通に生きていたら皆んな知らないような事を山程知っているのです。

そういった事を発信するのも良いですし、趣味が旅行なら、それぞれの国や地域の良いところ、美味しいもの、面白いものを発信すれば良いと思います。

こういった情報発信を続けていると、どんどん人が集まってきますし、そういった人達に喜んでもらえ、コミュニケーションも取る事ができるのです。

人が集まるようになれば、ある程度のお金も入ってくるようになりますので、今までのように会社に縛られる事なく、自分に使える自由な時間をたくさん持てるようになります。

好きな事をやる

そしてこの「風の時代」を生きる上で、絶対やるべき事は「好きな事をやる」事です。

私達人間が、1番幸福に感じる事は、好きな事をしている時ではないでしょうか。

でも、なんでかわかりませんが、子供の頃からの教育で、好きな事をして生きていく事を少し悪だと植え付けられ、苦労、我慢をしてこそ意味があるといった洗脳を受け続けてきました。

でも、苦労や我慢をしてお金をもらっていても、それで皆幸せになれない事は気づいているはずです。

年齢など関係ありません。

これからは、出来るだけ自分の好きな事をやり、常にワクワクした気持ちでいる事こそが幸せなのです。

自分が幸せなら、自然と周りの人も幸せになるものです。

すぐに好きな事をするのは難しいかもしれませんが、普段の生活の中で、常にワクワクする事を選択する意識でいると、ちょっとずつ楽しくなってきます。

私の場合だと、すごく好きなパンがあるので、それを買っておいて寝ると、それだけで朝起きるのが楽しみになりますし、好きな音楽や本を用意していると、苦痛な電車移動も楽しくなります。ちょとした事でもいいんです。

とにかく、これからは好きな事をやる!という意識を持って生きる事自体に価値があり、幸せを得られると思います。

まとめ

まとめ

物質やお金が価値だった時代から変化すると言っても、決してお物やお金が必要じゃなくなるという事ではなく、やはり生活にはそういったものが必要になってきます。

ただ、私達は今まで、必要以上の物やお金を求めて、それにたくさんの時間や自由を費やしてきた事は言うまでもありません。

それがストレス社会を生み、歪んだ生活、人間をも生み出してきた事も事実です。

やっと私達は、自信を持って、声を大にして自分の自由や幸せを求める事ができるようになり、価値観自体を大きく変える事ができると思うのです。

このコロナ禍で、嫌でも色々な事を考えざるを得ない状況になりました。

でも、これはそういった価値観を考えるきっかけであり、ただ俯瞰して世の中を見るのではなく、ポジティブに捉える必要があると思います。

この機会に、自分という存在を再度見つめ直し、自分の価値に気づき、自分らしく生きていく。

これからの時代、そういった生き方を心がけていれば、心も身体も健康で、幸福な毎日を過ごせる事、私は確信しています。

TOMOYA

管理人・ライター / TOMOYA
47歳男性。
web制作、webマーケティング、また音楽関連の会社を都内で9年経営。大手企業でのサラリーマンから、ミュージシャンを目指した極貧生活、20を超える業種のアルバイトや正社員を経て起業。私生活では4回の結婚を経験するなどジェットコースターのような人生を生きる。