仕事の事

フリーランスの仕事って何があるの?会社を辞めた時の準備をしよう

フリーランス

この記事の予想読了時間:約3分30秒

「フリーランス」という言葉を知り、その事について色々調べている方は、もう既にフリーランスの道に一歩足を踏み入れたと言っても過言ではありません。

おそらく、今会社員として働いていて、給料面なのかその他の待遇なのか人間関係なのかわかりませんが、何かの理由で会社を辞める事を少し考えているかと思います。

また、将来起業を考えていて、一旦フリーランスになってみようと考えている方もいるかもしれません。

私もこういった相談をよく受けますが、「今すぐ辞めたら?」と必ず言います。

何故かと言うと、その時点で時間をかけ色々悩んでいるようでは、フリーランスになっても起業しても恐らく上手くいかないからです。

とりあえず辞めて考え、すぐに動き出す。これが正解だと思っています。

そして、フリーランスや起業の素晴らしさを、少しでも早く体験して欲しいと思っています。

フリーランスになりたいけど踏み出せない不安

不安

フリーランスの素晴らしさは、全て自分で決められるという事です。

嫌な仕事はしなくて良いし、時間は自由に使えますし、通勤に手間や時間を取られない。
それに煩わしい人間関係もなく、上司や先輩に気を使う事もありません。

そんな素晴らしい生き方をしない方が絶対に損だと思っています。

でも、フリーランスになりたくてもなかなか踏み出せない人は、こういった事を考えているのではないでしょうか?

フリーランスに踏み出せない理由

収入の保証がないので不安
自分ができる仕事がない
会社を辞められない

まず、収入の保証ですが、今の時代会社勤めをしていても、一生涯の収入を担保できるものではありません。

そして、会社を辞められないというのは、ただ単純に何かのせいにしているだけで、辞めれない事など絶対にないという事。

今回書かせて頂こうと思うのは、こういったネガティブな事ではなく、フリーランスの仕事に関して書かせて頂きます。

フリーランスの仕事は何があるのか?

仕事

そもそも、何の事業でフリーランスになるのか、フリーランスの仕事にはどんなものがあるのか。

選択肢は無限にあります。

自分がする事で少しでも収入が得られるならそれは立派な仕事です。

皆さんが思うフリーランスのイメージですが、カフェや自宅でMacのパソコンを開き、何かカチャカチャやりながら収入を得ているという事だと思います。

確かにそういったイメージは間違いではないですが、そのパソコンカチャカチャでも、多種多様に渡る仕事が存在しているのです。

例として、カフェでフリーランスのAからJの10人の人がパソコンカチャカチャしているとします。

A・・・ライターとして記事を書いている
B・・・プログラミングをしている
C・・・webデザインをしている
D・・・音楽を作っている
E・・・イラストを書いている
F・・・コンサル業務を行っている
G・・・アンケートに答えている
H・・・ネットショップを管理している
I・・・動画を編集している
J・・・SNSを更新している

といった具合に、同じような事をしているように見えても、皆様々な仕事をしています。

また、パソコンを使う仕事以外でも、立派なフリーランスとして活躍されている方も大勢います。

例えば、今はコロナで帰省できない人が多くなっているので、お墓参り、手入れ代行などを始めた方も多くいるようです。

田舎では、会社を辞めたら仕事がないという人がいますが、田舎だからこそできる仕事もたくさんあります。

このお墓参り、手入れ代行は、いくら都会に住む敏腕経営者がやろうとしてもできないんです。

墓地がある地方に住んでいて、そこに行く手間もかからない環境だからこそ成り立つ仕事です。

マーケットというのは、その時その時変化しますので、そういった事を敏感に感じ取れる訓練はある程度必要かもしれないですね。

そうではなく、パソコン1台ですぐにでも始められる事をしたい!自宅やカフェでのんびり仕事がしたい!という方にオススメの仕事はあります。

フリーランスおすすめの仕事

おすすめ

今、とても重宝されている仕事は、ライティングと動画編集です。

ランサーズやクリエイティブクラウド、ココナラなど見て頂ければわかりますが、仕事のオファーがかなり多いです。

しかも、この2つに関しては、そこまで高い技術がなくてもある程度収入にする事ができます。

ライティングの仕事

ライティング

ライティングに関しては、初心者向けにランサーズなどでかなりのオファーがありますので、まず請けてみて書いてみる、その繰り返しで上達していくと思います。

内容も様々で、何かの体験記事、例えば今見てみると

・リゾートバイト・住み込みの経験
・自分の趣味に関して
・ファッションに関して
・ニキビの体験談
・女性向けの悩みに関して
・芸能人等の情報

など色々あるので、自分が書けそうなものを選んで書いてみて下さい。
これなら会社を辞めなくても試す事できますよね。

記事を書く自信がないという方でも大丈夫です。

弊社にも、今までライターのスタッフはかなりいましたが、皆初心者しかいませんでした。

でも、続けていると書けるようになるんです。不思議と。

ですので、是非こういった事試してみて下さいね。

動画編集の仕事

動画編集

あと、動画編集に関しては、今、YouTubeなど、動画をアップするプラットフォームを使って何かしようと思っている人がかなりいるので、簡単な編集を安く請ける事ができると思います。

簡単な編集なら自分達でできるんじゃないか、と思いがちですが、出来たとしても頼みたいんです。

動画を作っている人達は、企画やその他の準備、撮影に手間をかけますので、編集は外注したいと思っている人が多いです。私もそうです。

しかも、今の時代、動画編集ソフトやアプリはかなりあり、どんどん使いやすくなっているのでちょっとした勉強と実践でできるようになると思います。

そして、ランサーズなどのサイトで格安編集でアピールしたり、SNSでで宣伝する事によって仕事は入ってきます。

収入を得る為に必要な事は?

収入

私がweb制作で起業した時は1人でしたので、ほぼフリーランスのようなものでした。

しかも、どこかで何かの技術を学んだ訳ではなく、独学でやっていましたが、それでも続けて行く事で経験になり、技術となっていくのです。

ここで私の経験から、フリーランスを始め、できるだけ収入を得て成功できるまでのコツのようなものを書かせて頂きます。

まず、1番大事なのはスピードです。

これはまだそこまで技術がない段階の話しです。
このスピードが利益を生みます。

とにかく早くできるよう訓練してみて下さい。

例えば、1000文字の記事を、誰よりも安い500円で請けるとします。
これを2時間かけて書けば、時給250です。

でも、1時間で2記事書ければ時給1,000円という計算になります。
3記事かければ1,500円。

私も当初はこの考え方でとにかく自分の時給計算をしながらスピードを上げていました。

これを繰り返して行くと、かなりの数の案件をこなす事になり、多くの経験ができます。

記事の内容も少しずつよくなり、もっと高い単価でも請けれるようになります。

1,000文字の記事を2,000円で請けれるようになればどうでしょうか?

1時間に2記事書ければ、時給4,000円という事になります。

もし私がフリーランスとしてライティングをしているとするならば、1日3~4時間仕事をして、10,000万円の収入を月に20日ほど、月収として20万円もらえる生活をすると思います。

たった1日3、4時間で、月に10日も休めて20万ですよ。凄く良いですよね。

自分の自由な時間がたくさんできるので、好きな事がたくさんできます。

失敗も必要

失敗

中には、何か始めるなら準備や勉強が必要だ!という人もいます。

もちろん間違っているとは思いませんが、私は自分でとにかくやってみて経験を積む方が遥かに近道だと思っています。

大事なのは、失敗もする事です。

失敗してこそわかる事、気づく事、たくさんあります。

私も起業してこの9年間で、かなりの失敗をしてきました。

でも、その失敗と成功の繰り返しこそが、自分の実になる経験なのです。

今、フリーランスになりたいと少しも思っている人はすぐにでも始めましょう!

早ければ早いほど良いです。

そしてこうってblogを書いている私も、涼しいカフェでアイスコーヒーを飲みながら、です。

フリーランスでアフィリエイトを始めたいという方は、別記事の 【アフィリエイトの正しい始め方】考え方を間違えると収入は0円です を参考にして下さいね。

blogを始めたいけどわからない!という方も、別記事 ドメイン取得・サーバー設定からWordPress設定までの手順 を参考にして下さい。

TOMOYA

管理人・ライター / TOMOYA
47歳男性。
web制作、webマーケティング、また音楽関連の会社を都内で9年経営。大手企業でのサラリーマンから、ミュージシャンを目指した極貧生活、20を超える業種のアルバイトや正社員を経て起業。私生活では4回の結婚を経験するなどジェットコースターのような人生を生きる。